1/22(金)20時、ヘルパー養成研修・採用説明会オンライン開催

ゆにでは、障害のある学生の方をはじめ、地域の障害のある方々の生活をサポートするヘルパーの派遣や養成を行っています。
ヘルパー(アルバイト)は随時募集しており、必要な資格を取得できる研修も定期的に行っています。
*ヘルパー採用についての詳細は採用情報をご覧ください

このたび、この春実施するヘルパー資格取得のための研修、ゆにのヘルパーの仕事の内容や採用等についてご説明する「ヘルパー養成研修・採用説明会」をオンラインで開きます。
ヘルパーの仕事や資格取得に興味・関心のある方、ぜひご参加ください。
*現時点でヘルパーとして働く予定のない方も歓迎です

NPO法人ゆに ヘルパー養成・採用説明会

日時

2021年1月22日(金)20時~21時
*上記日時に参加できない方も、参加申込をしていただければ終了後に録画をご案内します

実施方法

Zoomミーティングにて実施します。
お手持ちのパソコン、タブレット端末、スマートフォンにてご参加ください。

内容

参加方法

下の入力フォームにて事前に申込をお願いします。
申込が完了すると、入力されたメールアドレス宛てに自動返信メールが送られます。
メールが届かない場合は迷惑メールフォルダ等を確認の上、事務局にご連絡ください。

参加申込フォーム

    以下に必要事項を入力し「送信」ボタンを押してください。

    お名前(例:ゆに 太郎)

    フリガナ(例:ユニ タロウ)

    メールアドレス


    ※受付確認その他のご連絡は「unikyoto.com」ドメインより送信されます。特に携帯メールアドレスをご利用の場合は、今一度迷惑メールやドメイン指定受信等の設定の確認をお願いします。

    説明会参加方法(1つ選択してください)
        

    現在保有している資格(1つ以上チェックしてください)
    介護福祉士介護職員実務者研修(旧ホームヘルパー1級)修了介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)修了重度訪問介護従業者養成研修(基礎課程・追加課程)修了同行援護従業者養成研修(一般課程または応用課程)修了いずれも保有していない

    コメント欄(自己紹介、特に知りたいこと、ご質問等)

    送信後、入力内容確認の画面は表示されません。

    お問い合わせ先

    NPO法人ゆに 事務局
    〒603-8354 京都市北区等持院西町60-10
    Email: info@unikyoto.com
    TEL: 075-468-1633(平日10時~18時)
    FAX: 075-468-1666

    理事長逝去に関するお知らせ(訃報) Obituary of the Chairperson

    *English is below.

    本法人理事長 佐藤 謙 儀。令和2年12月10日午後4時34分、36歳にて逝去いたしました。
    ここに生前のご厚誼に深く感謝いたしますとともに、謹んでご報告申し上げます。
    葬儀は近親者のみにてすでに執り行いましたので合わせてご報告申し上げます。
    なお、誠に勝手ながらご供花、ご供物、ご香典の儀は固くご辞退申し上げます。
    ※こちらで故人へのメッセージを受け付けております

    【お問い合わせ先】
    NPO法人ゆに 事務局
    〒603-8354 京都市北区等持院西町60-10
    Email: info@unikyoto.com
    TEL: 075-468-1633
    FAX: 075-468-1666

    Dear all,
    We would like to inform you that our chairperson Ken Sato passed away at 4.34pm on 10 December 2020, at the age of 36.
    We would like to express our deepest gratitude for your kindness and support during his life.
    The funeral service has already been held with close relatives only.
    We sincerely decline any flowers, offerings, or incense offerings.
    *We would appreciate it if you could send us a message for him.

    For more information, please contact:
    UNI (Specified Nonprofit Corporation)
    60-10 Tojiin Nishi-machi, Kita-ku, Kyoto-shi, 603-8354, Japan
    Email: info@unikyoto.com
    TEL: +81 75 468 1633
    FAX: +81 75 468 1666

    【無料】障害平等研修紹介オンラインセミナーのご案内

    障害平等研修紹介オンラインセミナー
    ~誰も仲間外れにしない「インクルーシブな社会」、一緒につくりませんか~

    *参加申込は締め切りました
    障害平等研修(Disability Equality Training: DET)は、障害者差別解消法を推進するための研修です。参加者は、対話を通じた「発見」を積み重ねていくなかで、差別や排除といった社会のなかにある様々な「障害」を見抜く力を獲得し、それらを解決していくための行動を形成します。障害者がファシリテーターとなって行うワークショップ型の研修で、全国の企業や団体、行政機関、教育機関等において実施されています。
    *DETについては以下のホームページもご覧ください。
    障害平等研修とは | 障害平等研修フォーラム
    このDETをより多くの皆様に知っていただくことを目的として、オンラインで紹介セミナーを実施します。当日はDETの一部を参加者の皆さんにご体験いただいた後、DETの特徴や活用等についての解説を行います。行政機関・企業・団体で人事や職員研修・人材育成・福祉教育等に関わっておられる方、教育機関教職員や学生の方、ファシリテーターの活動に関心をお持ちの障害当事者の方、その他DETに興味・関心のある方、ぜひご参加ください。

    日程

    *両日同内容

    • 2020年10月17日(土)14:00~16:30
    • 2020年10月24日(土)10:00~12:30

    内容

    • DET体験
    • 研修内容・特徴や活用に関する解説
    • 質疑応答

    講師(ファシリテーター)

    10月17日:青木紗耶(アオキ サヤ)、畝本彩美(アゼモト アヤミ)、藤本あさみ(フジモト アサミ)、安原美佐子(ヤスハラ ミサコ)
    10月24日:畝本彩美(アゼモト アヤミ)、西尾元秀(ニシオ モトヒデ)、安田真之(ヤスダ マサユキ)、山田隆司(ヤマダ タカシ)

    主催・事務局

    主催:DETファシリテーター有志
    事務局:NPO法人ゆに(DET関西)

    参加費

    無料(参加に必要な通信費等は自己負担)

    参加要件及び必要物品

    参加に際しては、以下を各自ご準備ください。

    • パソコンまたはタブレット端末(動画や映像を扱うため、画面サイズが限られるスマートフォンでの参加は推奨しません)
    • テレビ会議システム「Zoom」(無料)
    • 安定した高速インターネット接続(ビデオ通話や動画の視聴がスムーズにできる通信環境)
    • マイクとカメラが使用可能な環境(マイクとカメラをオンにしていただきグループワークを行います)
    • 太めのペン(ラッションペン等)
    • A4白紙5枚程度

    参加申込

    定員に達したため参加申込を締め切りました。

    お問合せ先

    NPO法人ゆに(DET関西) 事務局
    〒603-8354 京都市北区等持院西町60-10
    Email: info@unikyoto.com
    TEL: 075-468-1633(平日10時~18時)
    FAX: 075-468-1666

    7/31夜、ヘルパー募集説明会(オンライン)のご案内

    ゆにでは、障害のある学生の方をはじめ、地域の障害のある方々の生活をサポートするヘルパーの派遣を行っています。
    ヘルパー(アルバイト)は随時募集しており、必要な資格を取得できる研修も定期的に行っています。
    *ヘルパー採用についての詳細は採用情報をご覧ください
    このたび、ゆにのヘルパーの仕事の内容、採用条件や待遇、今夏に予定している資格取得の研修等についてご説明する「ヘルパー募集説明会」をオンラインで開きます。
    ヘルパーの仕事や資格取得に興味・関心のある方、ぜひご参加ください。

    日時

    7月31日(金)20時~21時

    実施方法

    Zoomミーティングにて実施します。お手持ちのパソコン、タブレット端末、スマートフォンにてご参加ください。

    内容

    • ゆに事業紹介
    • ヘルパーの仕事
    • ヘルパー利用者と現役ヘルパーの声
    • ヘルパー(アルバイト)採用案内
    • 資格取得(重度訪問介護従業者養成研修)案内
    • 質疑応答、個別相談

    参加方法

    以下の入力フォームにて事前に申込をお願いします。
    申込が完了すると、入力されたメールアドレス宛てに自動返信メールが送られます。
    メールが届かない場合は迷惑メールフォルダ等を確認の上、事務局にご連絡ください。

    参加申込

      以下に必要事項を入力し「送信」ボタンを押してください。

      お名前(例:ゆに 太郎)

      フリガナ(例:ユニ タロウ)

      メールアドレス


      ※受付確認その他のご連絡は「unikyoto.com」ドメインより送信されます。特に携帯メールアドレスをご利用の場合は、今一度迷惑メールやドメイン指定受信等の設定の確認をお願いします。

      説明会参加方法(1つ選択してください)
          

      現在保有している資格(1つ以上チェックしてください)
      介護福祉士介護職員実務者研修(旧ホームヘルパー1級)修了介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)修了重度訪問介護従業者養成研修(基礎課程・追加課程)修了同行援護従業者養成研修(一般課程または応用課程)修了いずれも保有していない

      コメント欄(自己紹介、特に知りたいこと、ご質問等)

      送信後、入力内容確認の画面は表示されません。

      お問い合わせ先

      NPO法人ゆに 事務局
      〒603-8354 京都市北区等持院西町60-10
      Email: info@unikyoto.com
      TEL: 075-468-1633(平日10時~18時)
      FAX: 075-468-1666

      6/13(土)国際交流オンラインパーティーのご案内

      概要

      「ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業」第19期研修生のラクシミ・ネパールさん(ネパール、全盲)、第20期研修生のヨンテン・ジャムツォさん(ブータン、弱視)をゲストに迎え、オンラインパーティーを行います。
      当日、お二人には、研修修了後の活動や、新型コロナウイルスの感染が拡大するなかでの生活の様子等を、日本語でお話いただきます。
      その後、飲食(各自でご準備を)を交えて、お二人と一緒に楽しいひと時を過ごしたいと思います。
      関心のある方、ぜひご参加ください。

      日時

      2020年6月13日(土)20:00~22:00

      実施方法

      Zoomミーティングにて実施します。お手持ちのパソコンやタブレット端末、スマートフォン等を利用してご参加いただけます。

      プログラム

      *通信不良等により予定を変更することがあります

      • 19:30 Zoom接続開始
      • 20:00 開会、Zoom操作説明、参加社の自己紹介
      • 20:30 話題提供(ラクシミさん、ヨンテンさん)
      • 21:00 乾杯、歓談
      • 22:00 閉会

      参加費

      無料(飲食物は各自ご準備ください)

      参加登録

      6月13日(土)18時までに、参加登録ページにて、氏名(名・姓の順に半角ローマ字で)、メールアドレス、簡単な自己紹介を入力し、登録申請をしてください。「承認待ちのミーティング登録」という画面が表示されれば申請完了です。
      事務局が登録申請を承認すると、参加方法等の案内がメールで送られます。システムの都合上メールの日本語が一部不自然ですが、ご容赦ください。万一登録申請後3日以上立ってもメールが届かない場合は、ご連絡ください。

      お問い合わせ先

      NPO法人ゆに 事務局(担当:安田)
      〒603-8354 京都市北区等持院西町60-10
      Email: info@unikyoto.com
      TEL: 075-468-1633(平日10時~18時)
      FAX: 075-468-1666

      4/11(土)ダスキン研修生アリさんとのオンライン交流会開催!

      アリさんの写真
      現在、「ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業」第21期研修生の1人として、アリ・トミー・ヘーゼルマン(Ari Tommy Hazelman)さん(全盲)がサモアから来日中です。
      昨年9月に来日したアリさんは、去る3月2日~16日の期間、障害学生支援等をテーマにゆにで研修されました。
      今回、アリさんと、各地の障害当事者の方、障害分野にかかわる方が、今後のそれぞれの活動で生かすことのできる「つながり」をつくる機会を持ちたく、オンライン交流会を企画しました。
      当日、アリさんには、サモアの障害分野の取り組みの現状、自身のサモアでの活動、日本で学んだことや経験したこと、帰国後の活動計画等について語っていただきます。
      その後、アリさんと参加者で自由に語り合う座談会を行います。
      参加者の皆様からも、日常生活の様子、教育、就労、スポーツ、芸術等の各分野の経験や現状等を伝えていただき、つながりを深めていただければと願っています。
      関心のある方であればどなたでも歓迎です。
      皆さんぜひご参加ください。
      *「ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業」については、以下のリンク先のホームページをご覧ください。
      ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業(別ウィンドーで開きます)

      日時

      2020年4月11日(土)20:00~22:00

      実施方法

      Zoomを利用してオンラインで実施します。パソコン・スマホ・タブレット等にて、できるだけマイクが利用できる状態で静かな場所からご参加ください。

      プログラム

      司会:安田真之(NPO法人ゆに)
      20:00 開会、趣旨説明、参加者の自己紹介
      20:15 話題提供:アリ・トミー・ヘーゼルマン
      20:45 座談会
      22:00 閉会

      参加費

      無料

      参加申込

      受付は終了しました。

      お問い合わせ先

      NPO法人ゆに 事務局
      〒603-8354 京都市北区等持院西町60-10
      Email: info@unikyoto.com
      TEL: 075-468-1633(平日10時~18時)
      FAX: 075-468-1666

      オンライン講義での遠隔文字情報保障の方法(ZoomとcaptiOnlineの事例)

      新型コロナウィルスの影響により各地の大学でオンライン講義が急増しそうです。
      障害学生にとっては、オンラインになることで「参加しやすくなる」こともあれば、「参加しにくくなる」ことも考えられます。
      ゆにでは聴覚障害学生向けにオンライン講義と文字情報保障を併用する方法をテストしてみました。
      その結果をふまえて、簡単にその方法と注意点を解説してみます。

      ここではZoom(オンライン講義・会議システム)で行われる授業とcaptiOnline(遠隔文字情報保障システム)の2つを用いて授業の文字情報保障を行う方法を解説します。
      おそらく別のシステム同士の組み合わせでも基本的な考え方は同じようになると思います。

      準備するもの(例)

      • 講師
        • PC(配信用)
        • (以下、あれば)
        • マイク
        • WEBカメラ
      • 情報保障者
        • PC(入力・講義参加用)
      • 受講者(聴覚障害者)
        • PC(受講用)
        • スマートフォン(情報保障表示用)
      • ※PCもしくはAndroid(7.0以降)では受講と文字情報保障表示を1つの端末で同時に行うことも可能です。
        iPhoneの場合は画面分割ができないため、もう一台端末を用意する必要があります。

      ネットワークとブラウザ(Google Chrome)とZoom(あるいはTeamsなどのクライアントアプリ)のクライアントはそれぞれの端末について事前に準備してください。

      パターン1:主催者が字幕を配信

      captiOnlineの閲覧画面に字幕が表示されているサンプル

      情報保障字幕表示画面の例

      講師側でスライドなどがない場合に情報保障字幕の画面のみを参加者全員に共有する方法

      主催者

      1. Zoomで新規ミーティングを開始して、情報保障者全員を受講者と同じようにミーティングに招待。
      2. 主催者側の端末で、Chrome上のcaptiOnlineとZoomの両方を起動。
      3. 主催者側の端末でcaptiOnlineの閲覧ページを開き、Chromeを最大化しておく
      4. Zoomの「画面の共有」をクリックし、「view – captiOnline(beta)」を選択。
      5. ミーティングを実施。

      利用者

      1. 通常の手順でミーティングに参加。
      2. 講師の画面共有が情報保障字幕として配信される

      情報保障者

      1. 主催者から招待されたZoomミーティングに参加する
      2. カメラ・マイクはオフにしておく
      3. Chrome上でcaptiOnlineの入力者ページを開く
      4. Zoomは最小化しておいてもOK
      5. 授業が始まったら情報保障を開始する

      パターン2:利用者がミーティング映像と字幕を1台の端末上で並べて表示

      講師がスライドなど資料画像も送りたい場合

      主催者側

      1. Zoomで新規ミーティングを開始して、情報保障者全員を受講者と同じようにミーティングに招待。
      2. 通常の手順でミーティングを実施。

      利用者

      • Android(7.0以降)の場合
        1. ZoomとCaptiOnlineの両方を起動。
        2. ZoomとCaptiOnlineの両方が見えるように画面表示を調整。(Zoomを起動してからタスク画面から「画面分割」などをタップ。その後でChromeを起動しcaptiOnlineを表示する)
        3. Zoomで、①画面共有時に自動でフルスクリーン表示しないように、②参加社が画面共有した際に自動でウィンドウを最大化しないように設定。
        4. ミーティングに参加。

        Androidで講義資料(Zoom)と字幕(Chrome・captiOnline)を同時表示する例

        Androidで講義資料(Zoom)と字幕(Chrome・captiOnline)を同時表示する例

      • Windowsの場合
        1. ZoomとCaptiOnlineの両方を起動。
        2. ZoomとCaptiOnlineの両方が見えるように画面表示を調整。
        3. Zoomの設定画面から、①画面共有時に自動でフルスクリーン表示しないように、②参加者が画面共有した際に自動でウィンドウを最大化しないように、下の2箇所のチェックを外す。
          Zoomの設定画面
        4. ミーティングに参加。
      • 情報保障表示端末とZoom参加端末を別途用意する場合
        1. WindowsでZoomを起動。
        2. iPhoneなどでcaptiOnlineの閲覧ページを表示
        3. ZoomとCaptiOnlineの両方が見えるように機器の配置を調整。
        4. ミーティングに参加。

      情報保障者

      入力用captiOnline・ChromeとZoomを1つの画面に配置した入力者用画面の例(Windows)

      入力用captiOnline・ChromeとZoomを1つの画面に配置した入力者用画面の例(Windows)

        1. 主催者から招待されたZoomミーティングに参加する
        2. カメラ・マイクはオフにしておく
        3. Chrome上でcaptiOnlineの入力者ページを開く
        4. [Windowsキー+カーソルキー左右] 等でcaptiOnlineとZoomの画面を左右に配置
        5. 授業が始まったら共有資料を参照しながら情報保障を開始する
        6. Zoom参加をタブレット等、入力をPC等に振り分けて行うことも可能

      全体的な注意事項:

      どの立場で関わる場合でも、2つのシステムを同時に使うことへの慣れが必要

      主催側

      • 複数の発言者がいる場合「話者は発話する前に名乗る」ルールを徹底(対面時に比べて誰が話しているのかが分かりにくい)
      • 画面共有時には想定外の情報が漏れないように注意が必要

      利用者

      • iPhoneではZoomと情報保障字幕の同時表示はできない(マルチタスク機能未対応のため)
      • トラブル時に対応できる人が近くにいないため、別の方法で連絡を取る必要がある

      情報保障者

      • 2つの通信・処理を同時に行うため、ある程度のPCスペック・通信帯域が必要

      その他の懸念

      • 外部の通訳者や受講登録者以外の学生がサポーターになる場合に、オンライン講義へのアクセス権を割り振る必要がある
      • ネットワーク経路や使用システムが多くなる分トラブルの可能性も増える
      • 慣れるまでは事前テストをしてみるなどして各参加者が操作に慣れる必要がある
      • Zoom自体にも「Closed Caption」という機能があり配信映像上に1行の字幕を入力・表示できるが、日本語での情報保障用途に使うには力不足の印象。現時点では専用システムを併用したほうが使い勝手が良い
        • ex.1行のみしか表示できない
        • 連系入力には非対応
        • 「Closed Caption」機能の日本語訳が「近接性」となっており設定項目がわかりにくい

      その他ご相談

      ゆにでは小学校から大学・企業等への遠隔情報保障の経験から、
      オンラインで行われる授業に関するアクセシビリティについても相談をお受けしています。
      オンライン講義でのアクセシビリティ・情報保障についてお困り事があればいつでもお問い合わせください。
      お問い合わせページ

      参考リンク

      立命館大学生存学研究所主催 オンラインセミナー「新型コロナウイルス感染症と生存学」
      オンラインセミナーにcaptiOnlineで字幕を付与した実例(リンク先に話者と文字通訳と手話通訳と資料を同時に表示する画像あり)
      captiOnline(ウェブを活用した聴覚障害者のための情報保障実験サイト)
      筑波技術大学 若月大輔先生によるウェブベースの情報保障システム
      Zoomミーティング
      Zoom Video Communicationsによるオンライン会議・講義システム
      オンライン講義の通信量
      大向一輝氏(東京大学大学院人文社会系研究科准教授)によるZoom等オンライン授業の通信量の計測

      【中止】3/14(土)ダスキン研修生アリさんとの交流会

      アリさんの写真
      3月14日に予定していた「ダスキン研修生アリさんとの交流会」は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止となりました。
      悪しからずご了承ください。
      なお、同日14:00~16:30、本法人事務所にて、規模を縮小して交流会を実施します。
      参加を希望される方は、事務局(info@unikyoto.com)にご連絡ください。

      お問い合わせ先

      NPO法人ゆに 事務局
      〒603-8354 京都市北区等持院西町60-10
      Email: info@unikyoto.com
      TEL: 075-468-1633(平日10時~18時)
      FAX: 075-468-1666

      障害者生活支援ヘルパー(正職員、臨時職員)募集説明会のご案内

      現在本法人では、地域で暮らす障害者の生活を支援するヘルパー(介助者)として私たちと一緒に働いてくださる正職員・臨時職員を募集しています。
      ヘルパー募集の詳細は「採用情報」をご覧ください。
      募集に際して、以下の通り業務内容や選考プロセス等をご説明する説明会を実施します。
      ヘルパーの仕事に少しでも関心のある方は、ぜひご参加ください。

      NPO法人ゆに 障害者生活支援ヘルパー募集説明会

      日時

      2020年1月17日(金)19:00~20:00

      場所

      NPO法人ゆに事務所

      なお、オンラインでのご参加も可能です。ご希望の方にはビデオ会議アプリ「Zoom」を利用してご参加いただきます。Zoomアプリ(パソコン、タブレット、スマホ対応、無料)のインストールが必要ですが、会員登録等は必要ありません。

      内容

      本法人の概要とヘルパー派遣事業の特徴、ヘルパースタッフの業務、待遇・雇用条件、採用選考プロセス、個別相談等

      参加対象者

      本法人のヘルパーとして就労することに関心のある方。
      ※ヘルパーへの応募要件については「採用情報」をご覧ください。

      参加申込

      このページの下部にある「参加申込フォーム」にて、1月17日(金)正午までにお申し込みください。

      お問い合わせ先

      特定非営利活動法人 ゆに 事務局
      〒603-8354 京都市北区等持院西町60-10
      Email: info@unikyoto.com
      TEL: 075-468-1633(平日10時~18時)
      FAX: 075-468-1666

      参加申込フォーム

        以下に必要事項を入力し「送信」ボタンを押してください。

        お名前(例:ゆに 太郎)

        フリガナ(例:ユニ タロウ)

        メールアドレス


        ※受付確認その他のご連絡は「unikyoto.com」ドメインより送信されます。特に携帯メールアドレスをご利用の場合は、今一度迷惑メールやドメイン指定受信等の設定の確認をお願いします。

        説明会参加方法(1つ選択してください)
            

        現在保有している資格(1つ以上チェックしてください)
        介護福祉士介護職員実務者研修(旧ホームヘルパー1級)修了介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)修了重度訪問介護従業者養成研修(基礎課程・追加課程)修了同行援護従業者養成研修(一般課程または応用課程)修了いずれも保有していない

        コメント欄(自己紹介、特に知りたいこと、ご質問等)

        送信後、入力内容確認の画面は表示されません。

        聴覚障害学生・高校生エンパワメント研修会 ―合理的配慮と情報保障について知ろう!―のお知らせ

        聴覚障害のある高校生、大学生のみなさん、「合理的配慮」って知っていますか?合理的配慮は、聴覚障害のあるあなたが、他の聞こえる学生と同じスタートラインに立つための、あなたの希望にフィットした、さまざまな支援のことです。
        「合理的配慮ってよくわからないし、難しそう・・・」「私は支援を受けていいのかな?」「自分にとってどんな情報保障が良いのかわからない・・・」
        そんなみなさんに、一日で「合理的配慮ってなに?情報保障ってなに?」がわかる研修会をご用意しました。教えてくれるのは、同じ聴覚障害のある大学の教員と職員、そして日頃から支援に携わるスタッフです。
         エンパワメントとは、自分の力が最大限発揮できるように、必要な力をつけること。
         研修会に参加して、一歩前に進んでみませんか?

        日時

        2020年2月9日(日)10:00~16:30

        場所

        京都市生涯学習総合センター(京都アスニー) 5階 第7研修室
        京都市中京区聚楽廻松下町9-2
        JR円町駅 徒歩20分/京都市バス 丸太町七本松下車すぐ

        参加対象者及び定員

        主に関西地区の聴覚障害のある高校生・専門学校生・短大生・大学生
        10名(先着順)

        参加費

        無料

        プログラム(予定)

        10:00 開会、挨拶等
        10:15 第1部:「聴覚障害学生にとっての合理的配慮って?」(仮)
         ・講師:甲斐更紗氏(群馬大学)、太田琢磨氏(愛媛大学)
         ・『聴覚障害学生サポートブック―18歳から学ぶ合理的配慮―』(PEPNet-Japan発行)をベースに、聴覚障害学生にとって大切な「合理的配慮」の考え方の基礎を学ぼう。※冊子は当日プレゼントします
        12:15 昼休憩
        13:15 第2部:体験「自分に合った情報保障手段を見つけよう!」
         ・講師: 窪崎泰紀、安田真之(特定非営利活動法人ゆに)、甲斐更紗氏(群馬大学)、太田琢磨氏(愛媛大学)
         ・手書きノートテイク、パソコンノートテイク、自動音声認識、手話通訳を見比べて、自分にはどんな支援が必要かを考えよう。
        16:30 終了

        参加申込

        このページ下部のフォームよりお申し込みください。

        申込締切

        2020年2月2日(日)
        ※定員に達し次第締め切ります。

        問い合わせ先

        特定非営利活動法人ゆに 事務局(担当:窪崎、安田)
        〒603-8354 京都市北区等持院西町60-10
        Email:info@unikyoto.com
        TEL: 075-468-1633
        FAX: 075-468-1666

        主催団体

        特定非営利活動法人ゆに

        ゆにでは、どの大学でも、障害学生が学びたいことを学べるようにすることを目指して、「障害学生支援事業」を行っています。障害のある学生ご本人はもちろん、障害学生の支援にかかわる学生や教職員の皆様のサポートも行っています。
        ゆには、PEPNet-Japan正会員機関です。
        ホームページ
        http://www.unikyoto.com/

        日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)

        全国の大学などで学ぶ聴覚障害学生の学修環境向上を目的に、相談への対応、教材の開発、事例の構築・蓄積、シンポジウムの開催等を行う、大学・機関同士のネットワークです。
        事務局は、聴覚障害者・視覚障害者のための我が国唯一の国立大学、筑波技術大学が担っています。
        本研修会は、PEPNet-Japanリソース活用事業の一環で実施します。
        ホームページ
        PEPNet-Japan
        http://www.pepnet-j.org/ 

        国立大学法人 筑波技術大学 
        https://www.tsukuba-tech.ac.jp/

        参加申込フォーム

          以下に必要事項を入力し「送信」ボタンを押してください。
          ※申込はご本人によるものを基本とします。保護者との相談が必要な場合は、相談しながらご本人が入力するようにしてください。

          お名前(必須)

          フリガナ(必須)

          自宅住所(市区町村まで、必須)

          例:「京都市北区」、「京都府亀岡市」

          メールアドレス(必須)

          ※受付確認等のメールは「unikyoto.com」ドメインから送信されます。特に携帯メールアドレスをご利用の方は、申込前に今一度メールの受信設定(迷惑メール設定、ドメイン指定受信等)の確認をお願いします。

          FAX番号(任意)

          区分(必須)
          高校生専門学校生短大生大学生

          所属(必須)

          ※高校生の方は、学校名・年次をご記入ください
          ※大学生・専門学校生・短大生の方は、大学名・専攻・年次をご記入ください

          ご自身の聴覚障害の有無(必須)
          ありなし

          希望する情報保障手段(聴覚障害ありの場合は必須)
          ※複数選択可
          手話通訳パソコン文字通訳その他(補聴援助システムなど。具体的な配慮については、次の入力欄に記入してください)

          その他の配慮事項(任意)

          具体的に希望する補聴援助システムがある場合や、手話通訳・文字通訳以外で必要な配慮がある場合は、こちらに記入してください。

          研修会に申し込んだ理由(必須)

          送信後、入力内容の確認画面は表示されません。