在学中に障害者となった学生の皆さんへ

復学や学生生活の継続にむけて

「怪我や病気のために入院/休学したけど、心身に障がいが残った。退院/復学にむけて何をどう進めていけばいいだろうか?」
「今までと同じような学生生活が送れるだろうか?」
「学業もだけど、通学や一人暮らしはどうしよう?」
在学中に障害者となった学生の方やそのご家族のなかには、突然の状況の変化で、今後の生活について様々な不安を感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ゆにでは、障がいのある学生の生活や修学を支援する介助者を自宅や大学に派遣したり、大学において必要な介助やサポートが受けられるように各種調整をしたりといった活動を行っています。
2011年の設立以来、多くの障がいのある学生と関わってまいりましたが、そのなかには、在学中に障害者となった後、介助者(ヘルパー)等を活用しながら大学で学び、自立した生活を送るようになった方もいらっしゃいます。そうした経験を踏まえ、本法人では、在学中に障害者となった方が学生生活を継続し、それぞれの「やりたいこと」を実現できるよう、サポートしています。

大学への復学、学生生活の継続を目指すうえで必要となる取り組みとしては、通学方法の検討、心身の状況に応じた修学環境の調整、一人暮らしのための物件探し、自宅や大学での介助者の確保、困ったときに相談したり悩みを打ち明けたりできる仲間づくり等、お一人お一人の状況により様々なことが考えられます。多方面からの情報収集、大学その他の関係者との相談・調整が必要になることもあります。まずは、電話やメール、対面で個別に現在の状況や今後にむけたご希望等を詳しくお伺いし、復学や学生生活の継続にむけて、今後何をどのように進めていくかを一緒に考えるとともに、そのなかで本法人として具体的にどういったことが可能かを検討させていただきます。

「正直、大学に通い続けるかどうか迷っている」、「復学するとしてももう少し先だが、情報収集はしておきたい」ということでもかまいません。どうぞお気軽にご連絡ください。

相談のご予約・お問い合わせ先

NPO法人ゆに 事務局
TEL: 075-468-1633
FAX: 075-468-1666
EMAIL: info@unikyoto.com
お問い合わせフォーム

2017年度 第2回 重度訪問介護従業者養成研修(基礎・追加課程) 受講生募集

車椅子の扱い方
重度訪問介護従業者養成講座(ヘルパー資格講座)の開催が決定しました。
当法人での登録・ヘルパー活動を前提とされる方は条件によって受講料をキャッシュバックします。(詳しくはお問い合わせください)
ぜひ福祉の現場で活躍できる資格を取ってみませんか。
重度訪問介護従業者
重度の肢体不自由者、常時介護を必要とする要介護者を対象とした訪問介護を行う介助者のことです。
全20時間のカリキュラムを全て修了していただきますと、重度訪問介護研修修了証明書が交付され、障害福祉サービスである「重度訪問介護」等に従事することができます!

■研修日程:
2017年8月5日(土)10:00~18:30 講義と演習
2017年8月6日(日)10:00~19:30 講義と演習
8月7日~9月30日のうち1日4時間程度、利用者さん宅での実習(別途調整)
合計3日間(20時間)

※後日、修了交付式も予定しております。

■研修会場:
立命館大学 衣笠キャンパス 創思館403、404号室
(住所:京都市北区等持院北町56−1)
立命館大学衣笠キャンパスへのアクセスは以下のHPを参照してください。
http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_kinugasa_j.html

※3日目の実地研修は京都市内の利用者様宅
※原則、公共交通機関でのご来場をお願い致します。
お車でお越しの際は、お近くのパーキングをご利用ください。

■受講資格:
地域生活を送る障害のある方の介助に関心のある15歳以上の方(高校生も受講可)
全日程受講可能な方

■定員:
最大30名 ※先着順

■受講料:
学生5,000円/一般10,000円(資料代込み・交通費は自己負担)
※修了後、当法人に勤務する場合はキャッシュバック(常勤・非常勤問わず)

■申し込み先
申込フォームから必要事項を記入し、送信ボタンを押してください。

申し込みに関するお問い合わせは、
コチラから(担当:田中)

■実施主体
主催:特定非営利活動法人ゆに
協力:特定非営利活動法人ある、特定非営利活動法人スリーピース

IPtalkのサブ入力ウィンドの仕様

先日の情報保障中に不具合かなと思ったので情報共有。
IPtalkをつかった連携入力の最中に、サブ入力ウィンドの下段での入力が
変換が確定されるまで、パートナー(チーム)のモニターに表示されない。

何が原因かと思って色々調べましたが、
結局のところ、IPtalk9t64以降のバージョンの仕様だそうです。
サブ入力ウィンドの説明にも最後の部分に書いてありました。
今のところ63以前のバージョンを使うしか対応方法はなさそうです。

iptalk 9t64g 仕様について
(iptalkサブ入力ウィンドウ下段問題-Captioners-Tips

最近mekikuでの入力が多かったので気づきませんでしたが、
サブ入力ウィンドを多用しているとハマってしまい、
自分では気づきにくいでご注意ください。

第12回PEPNet-Japanシンポジウムに参加しました

pepnet%e7%99%ba%e8%a1%a8%e5%86%8a%e5%ad%902016-3_outline1brn30055c7466b0_001110
 
こんにちは。事務局の阿部です。
2016年9月8日(木)、9日(金)に行われた
日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan主催の
第12回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウムに参加させていただきました。

私たちは今回、
1日目の「聴覚障害学生支援に関する実践事例コンテスト2016」において、
パネルを使った発表をさせていただきました。
奨励賞もいただきました。
ありがとうございます。

当日は多くの方にブースに来ていただくことができました!
同時に、各大学がさまざまな取り組みを発表していて、
どれもとても興味深く見せていただきました。
(最新機器を使った取り組みが特に目立っていました)

今回のゆにの発表は、
情報保障がどの大学でも浸透してきたいま、
「情報」を「保障する」という点に着目して、
「ほんとうに質の高い情報を提供するにはどうすればよいか」という内容でした。

パネルにもあるとおり、私たちは、
文字が最終的に利用者に「伝わる」ということが、
「情報を保障する」ことであると考えています。

今までさまざまな大学と協力しながら障がい学生支援を行い、
高校への遠隔情報保障も積極的に行っています。
いつでもご相談ください。

【ゆに主催】2015年11月 重度訪問介護従業者養成研修のお知らせ

車椅子の扱い方
重度訪問介護従業者養成講座(ヘルパー資格講座)の開催が決定しました。
当法人での登録・ヘルパー活動を前提とされる方は受講料が【無料】となっております。
ぜひ福祉の現場で活躍できる資格を取ってみてはいかがでしょうか☆
重度訪問介護従業者
重度の肢体不自由者、常時介護を必要とする要介護者を対象とした訪問介護を行う介助者のことです。
全20時間のカリキュラムを全て修了していただきますと、重度訪問介護研修修了証明書が交付され、障害福祉サービスである「重度訪問介護」等に従事することができます!

■研修日程:
【終了しました!】
平成27年11月28日(土)9:30~18:30 講義と演習
平成27年11月29日(日)9:00~19:30 講義と演習
11月30日~12月31日のうち1日3時間、利用者さん宅での実習(別途調整)
合計3日間(20時間)

■研修会場:
特定非営利活動法人 ゆに 事務所
 〒603-8354 京都市北区等持院西町60番地10
 京都市バス26系統「等持院南町」から徒歩10分、205系統「北野白梅町」から徒歩15分、
 京福電車「龍安寺」から徒歩8分  

※3日目の実地研修は京都市内の利用者様宅
※原則、公共交通機関でのご来場をお願い致します。
 お車でお越しの際は、お近くのパーキングをご利用ください。

■受講資格:
地域生活を送る障害のある方の介助に関心のある15歳以上の方(高校生も受講可)
全日程受講可能な方

■定員:
5名程度(最大10名) ※先着順

■受講料:
10,000円 (資料代込み・交通費は自己負担)
※修了後、当法人に勤務する場合は無料(常勤・非常勤問わず)

■申し込み先
申込フォームから必要事項を記入し、送信ボタンを押してください。

申し込みに関するお問い合わせは、
コチラから(担当:奥森)

■実施主体
主催:特定非営利活動法人ゆに

情報保障の取り組みが新聞に掲載されました!


京都新聞電子版はこちらからお読みいただけます。

高校等での情報保障の取り組みについて本日の京都新聞に記事を掲載して頂きました!小中高での遠隔情報保障も広まりつつありますが、さらに広く使って頂けるように「障がいがあっても学びたいことが学べる」ように、頑張ります!

Posted by NPO法人 ゆに on Sunday, November 15, 2015

平成27年度総会のお知らせ

会員以外の方もご参加いただけますので、
活動に興味のある方はぜひお越しください。

日時:2015年10月31日(土)14:00 – 16:45

13:30 受付
14:00 第1部【総会】
15:15 休憩
15:30 第2部【活動報告会】
16:45 終了

場所:京都アスニー
〒604-8401 京都府 京都市中京区丸太町通七本松西入ル

アクセス
◇JR二条駅から
  市バス15系統/約5分「丸太町七本松」下車
◆JR円町駅から
  市バス15・93・202・204系統/約3分「丸太町七本松」下車 or 丸太町通りを東へ徒歩600m
◇地下鉄丸太町駅から
  市バス93・202・204系統/約10分「丸太町七本松」下車
◆阪急大宮駅から
  市バス6・46・55・201・206系統/約8分「千本丸太町」下車→西へ徒歩400m
◇京阪三条駅から
  市バス15系統/約20分「丸太町七本松」下車
◆JR京都駅から
  市バス206系統/約22分「千本丸太町」下車→西へ徒歩 400m
  JRバス/約20分「丸太町七本松」下車

【大学生募集!】在宅、通学の介助者(ヘルパー)

在宅、通学ヘルパー大募集!!!
学生ヘルパー募集チラシVer.3(アルバイト)

ゆにでは、現在、在宅で生活する障害者の方々の支援をするヘルパーさんを大募集しています!

重度障がいをもちながらも、病院や施設ではなく、在宅で自分らしく生活することを選択した方たちがいます。
その生活を支えるには、たくさんの支援者の存在がかかせません…!

ゆにには若い利用者さんも多く、そこでは学生のヘルパーさんが大活躍しています!
社会人のヘルパーの方のなかには、自分のやりたいことを大事にしながら、ヘルパーを副業としてされている方もいます。
ヘルパーは特殊な仕事ではなく、自らの生活や学業と並べて、生活の一部としてとらえて働いています。

一人で支援に入るためには資格が必要です。
重度訪問介護研修、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)、介護福祉士、知的ガイドヘルパー…
無資格の方も、ゆにで資格取得のサポートをしています!(とってもお得です)

時給は1000円(処遇改善200円)
その他、時間帯手当も付きます。

詳しくは、採用情報をご覧ください♪
興味のある方は、ぜひお気軽にご連絡ください!!
採用情報はこちらから

修学旅行モニタリング調査マップ(八坂神社・建仁寺・ゑびす神社・花見小路・宮川町)

先日(結構前ですが…)行った修学旅行モニタリングツアーの調査結果を地図にしてみました!

以下のように色分けをしています。
モデルルート:青線
困難ポイント:赤
注意ポイント:黄
いいね!ポイント:緑

各ポイントをクリックすることで詳細をご覧いただけます。
祇園方面にお出かけの際の参考にしていただければ幸いです。

2015年度第1回 重度訪問介護従業者養成研修 開催決定!

車椅子の扱い方
今年度の重度訪問介護従業者養成講座(ヘルパー資格講座)の開催が決定しました。
特に学生さんには【格安】となっておりますので、
ぜひ福祉の現場で活躍できる資格を取ってみてはいかがでしょうか☆
重度訪問介護従業者
重度の肢体不自由者、常時介護を必要とする要介護者を対象とした訪問介護を行う介助者のことです。
全20時間のカリキュラムを全て修了していただきますと、重度訪問介護研修修了証明書が交付され、障害福祉サービスである「重度訪問介護」等に従事することができます!

■研修日程:
【終了しました!】
平成27年8月8日(土)9:00~17:30 講義と演習
平成27年8月9日(日)9:00~18:30 講義と演習
8月中旬~9月中旬 うち1日3時間、利用者さん宅での実習(別途調整)
合計3日間(20時間)

■研修会場:
立命館大学衣笠キャンパス 創思館4階 403・404教室
※実地研修は京都市内いずれかの利用者さん宅
※原則、公共交通機関でのご来場をお願い致します。
お車でお越しの際は、お近くのパーキングをご利用ください。
■受講資格:
地域生活を送る障害のある方の介助に関心のある15歳以上の方
全日程受講可能な方
■定員:
30名 ※先着順
■受講料:
学生5,000円
一般10,000円 (資料代込み・交通費は自己負担)
■申し込み先
申込フォームから必要事項を記入し、送信ボタンを押してください。

申し込みに関するお問い合わせは、
quarterback.yui アットマーク gmail.com(担当:長谷川)
お問い合わせはゆにでもお受けしております。

■実施主体
主催:特定非営利活動法人ある
協力:特定非営利活動法人スリーピース
特定非営利活動法人ゆに